住宅選びの優先順位

ホームへ戻る >  住宅建築の前の家族会議  > 住宅選びの優先順位

住宅選びの優先順位物件探しの鉄則として必ず挙げられるのが優先順位。つまり家に対して求める希望に順位をつけ、優先順位が高い条件を満たした物件を選ぶわけです。どれだけ情報収集を行ったところで、すべての条件を満たすことはできないでしょう。


その意味でも優先順位は不可欠なものです。では注文住宅ではどうでしょうか。自分の希望に合わせて間取りや外観を決定できるのですから、あまり優先順位は関係ないように思えます。すべての希望や条件が満たされるわけではないにしろ、できるだけ多くを満たせる家造りが可能です。

しかし、注文住宅だからこそ優先順位をつけなければならない面も出てきます。それは家族ひとりひとりの希望と条件です。家との都合ではなく、家族同士の都合で諦めなければならない希望も出てくるのです。家族で理想の家について話し合えば、かならず異なる意見が出てきます。一方を立てれば一方が不満を覚える。そんな状態にならないためにも、優先順位をしっかりつけておくことが大事なのです。優先順位を決める際には親の意見が優先されるといった方法はとらず、あくまで内容で判断することも絶対条件です。


家族全員の意見を全てすくいあげようとすると個性のない家やまとまりのない家になってしまう恐れがあります。注文住宅ならではのメリットを活かすためには意見の統一がやはり必要。全員が納得した形で家造りを行うため、事前の話し合いと優先順位の決定はしっかりと行っておきましょう。