注文住宅と方角

ホームへ戻る >  住宅建築の前の家族会議  > 注文住宅と方角

注文住宅と方角注文住宅を建てる際には方角もしっかりと念頭に入れたうえで計画を立てていく必要があります。だからこそ実際に建設予定地に訪れて環境を確認しておく必要があるのです。どの方角で隣家と接しているのか、道路と面しているのかなどをチェックしておかないと、せっかく注文住宅を建てても騒音や採光などの問題を抱えることになります。


ここでは東側が道路に面している場合を想定してみましょう。この場合、東側と南側にいかにうまく空間を作ることができるかがポイント。日差しを遮断しないような間取りが求められます。玄関を東側に設けるのはもちろんのこと、庭も南側、そして車庫も道路に面する形に設置しておきます。

リビングや居室とした採光が求められる空間も南側に配置すると、家全体が明るい雰囲気になるでしょう。玄関はやや北側に配置すると南側への日当たりを遮断せずに済みます。バルコニーの配置は東側か南側。道路の人通りの量や南側の隣家との距離などを考慮に入れた上で検討しましょう。


一方、水周りや物置、収納といったスペースは北側に集めるとよいでしょう。東側が道路に面している場合、北と西は隣家と接しているケースが大半ですから、プライバシーを維持するため木や植物を植えるのもひとつのポイントとなりそうです。東側が道路に面している敷地は恵まれた立地条件にあるといってよいでしょう。注文住宅を建てる際にはその利点を最大限に活かす工夫が求められます。現地で具体的にイメージを膨らませてみるとよいのではないでしょうか。