注文住宅の費用について

ホームへ戻る >  住宅建築の前の家族会議  > 注文住宅の費用について

注文住宅の費用について注文住宅などの家づくりにかかる費用は、本体工事費と別途工事費と諸費用の3要素で構成されています。特にローコストに仕上げるためには、ここをしっかりと確認する必要があります。まず本体工事費は、建物としてほとんど完成した状態に作り上げていくための費用として計上されます。


本体工事を大まかに分けますと、躯体工事費と仕上げ工事費、設備工事費の3つに分類されます。基礎づくりや柱を立てて梁を掛け渡すなどが躯体工事です。内装のクロス貼りや外壁の塗装や床のフローリングなどが仕上げ工事に入ります。設備工事は、建具や造作家具やキッチンや浴槽やトイレなどの主要設備の取り付けや水道や電気の内部配線や配管のことを指します。

注文住宅をローコストで仕上げるためにチェックしておきたい別途工事費は、実際に人が生活できるような状態にするための費用です。排水工事や外からの水道管の引き込み、ガスの配管工事です。門扉やカーポートなどの外構工事に冷暖房の工事も含まれます。


建築前の解体工事費も別途工事費に含まれます。なお、住宅メーカーに依頼の場合は、照明器具の費用も含まれます。ローコストな注文住宅のために確認しておきたい費用には、諸経費も含まれます。諸経費には建築やローンなどに伴う手続きのための費用として、各種登記や建築確認申請や住宅ローンが該当します。手続き費用や税金の他にも引越し代も該当します。ちなみに坪単価には諸経費や別途工事費が含まれていないケースがありますので注意が必要です。