歯医者で抜糸

ホームへ戻る > 歯医者で抜糸

歯医者に化粧
歯医者の総入れ歯治療費用
歯医者の歯科矯正治療費用
歯周炎の原因と予防
歯周炎の治療

親知らずを抜歯すると、縫合するので、抜糸することがあります。抜くのは怖くないけど、糸を取るのは怖いという人もいるのではないでしょうか?それでも抜糸しないと、糸が体の中に残ったままなので、きちんと予約をした時間に歯医者に行って、抜糸してもらわなくてはいけません。怖いからといって、ずっと体の中に糸を入れたままにしておいた方が、余計怖いことになると思います。


そもそも抜糸は痛いのかというと、違和感を感じることはあると思いますが、飛び上がる程痛いということはないかと思います。

なので、そこまで怖がる必要はありません。歯を削ったり、抜いたり、麻酔の注射をする方が、歯医者の治療の中では痛いと思うので、抜糸はそこまで痛い治療ではないので、安心して下さい。それでも、抜糸が怖いという人は、どういった方法で抜糸をするのかが分からず、不安だったり怖かったりすると思うので、下記にその方法を書くので、よく読んで不安を解消して下さい。


抜糸は麻酔をせず、行います。ピンセットやはさみのようなもので、歯科医師の手作業で行われます。ここで、器用な歯科医師であれば、すぐに抜糸することができるのですが、あまり腕の良くない歯科医師の場合は時間がかかります。手先の器用さが問われるところです。抜糸を行えば、すっきりするので、行う予定のある人は、きちんと予約をした時間に行って、抜糸をしてもらうようにしましょう。予約をすっぽかすと、歯医者にも迷惑がかかるので、必ず行くことが大切です。