歯医者に化粧

ホームへ戻る >  歯医者で抜糸  > 歯医者に化粧

歯医者には化粧をしていった方が良いのでしょうか?大人であれば、化粧をするのはマナーになるので、普通に化粧をしていくと思いますが、若い人であれば、化粧をしなくても良いかと思います。また、口紅を塗っていると、唇を触り、口を開く作業をしたり、頻繁にうがいをすることがあるので、口紅が落ちてしまう可能性もあります。なので、口紅はしていかない方が良いかもしれません。


待合室で人に合ったり、歯科医師の前ですっぴんで行くのは恥ずかしいから、化粧をしていくという人もいるかもしれませんが、そこまで人は自分のことを見ていません。なので、歯医者に行くためだけに化粧をするのが面倒だったら、別にしなくても構わないと思います。

待合室ではマスクをして顔を隠したりすれば、待合室ですっぴんであっても恥ずかしくはないと思います。歯科医師もすっぴんの女性は多くみていると思うので、別にすっぴんで行っても恥ずかしくはないと思います。逆に歯医者に行くだけなのに、厚化粧をして行く方が恥ずかしいでしょう。


結論から言うと、歯医者に化粧はしていかなくても大丈夫になります。もちろん、どうしてもしたいという人は、して行っても構いません。ただ上記したように、口紅は取れやすくなるので、薄くリップクリームを塗る程度にしておいた方が良いでしょう。口を大きく開く場合もあるので、そういった時にリップクリームで唇を保湿してあれば、痛くないので、リップクリームは塗っておいた方が良いかもしれません。