歯医者の総入れ歯治療費用

ホームへ戻る >  歯医者で抜糸  > 歯医者の総入れ歯治療費用

歯周病が進行して歯がすべて抜けてしまった場合などには、保険治療で総入れ歯を作ることができます。保険適用となる総入れ歯は1万円ととてもリーズナブルなのが魅力ですが、プラスチック製なので使用感や審美的な側面がどうしても劣ってしまうというデメリットもあります。


保険治療できる総入れ歯では違和感があったり分厚くてしゃべりづらいと感じる場合には、義歯床が金属でできている金属床義歯や、義歯床がシリコン製のシリコン義歯などが良いでしょう。どちらも保険外治療になるので治療費は高くなり、金属床義歯で15万円~50万円、シリコン義歯で10万円~20万円が目安です。

治療料金はとても高くなりますが、総入れ歯で歯がない状態でも、今までのように自然で自分の歯を取り戻したようになる治療法もあります。それが、インプラントの治療法です。インプラントはあごの骨という安定した土台に人口の歯を埋め込む治療方法。治療が終了するまでに時間はかかりますし、治療料金も上あごも下あごもすべてインプラントにすると400万円~500万円という高額な治療料金になってしまうこともあるようです。


最近人気がある総入れ歯の治療法の一つに、アタッチメント義歯があります。上あごでも下あごでも10万円~20万円程度で治療できるこの方法は、磁石などの力を利用して入れ歯を装着できるのが特徴です。話しづらかったり、入れ歯が肉厚になってしまうこともなくなるため、より快適な使用感が期待できるようです。