歯周炎の原因と予防

ホームへ戻る >  歯医者で抜糸  > 歯周炎の原因と予防

歯周炎は、歯肉や歯槽骨が歯周病菌に感染して歯茎の腫れや出血を起こし、最終的には歯槽骨が溶けて歯が抜け落ちてしまう、恐ろしい病気です。初期段階では症状に気づきにくく、歯医者に行かずに放置してしまう方も多いのがやっかいなところです。成人になるとほとんどの人がかかると言われる歯周炎。一体なぜこんなにも多くの人が歯周炎になるのでしょう。その原因を探ってみましょう。


歯医者へ行くと、歯石や歯垢の除去を勧められますよね?歯周炎を引き起こす歯周病菌が発生する原因が、まさにこの歯石や歯垢、つまり歯に付着した食べもののカスです。食べカスを栄養源とした歯周病菌は増殖を続け、まず歯肉に炎症を起こします。炎症がさらに進むと歯肉が退縮し、歯がぐらつきます。そして最終的には歯を支える骨、歯槽骨をも溶かしてしまうのです。そのため歯周炎を予防するには、やはり毎日きちんと歯磨きをし、歯石や歯垢が歯に付着するのを防ぐことが欠かせません。歯医者で定期的に歯のクリーニングをしてもらうのもよいでしょう。

歯周炎の原因は他にもあります。まずはかみ合わせや歯並びの悪さ。かみ合わせが悪いと、歯に不自然な力がかかり、歯周炎が起こりやすくなります。また、歯並びの悪さは歯磨き時の磨き残しにつながり、歯石や歯垢がたまりやすくなります。既に歯周炎の方は、歯ぎしりにも注意です。弱った歯肉や歯槽骨に強い力がかかり、歯周炎を進行させることになるからです。この他、歯周炎は細菌による炎症ですので、体調不良や強いストレスによって、免疫が低下した状態が続くことも要注意です。