矯正歯科治療とはどういうもの?

ホームへ戻る >  歯周炎の症状をチェック  > 矯正歯科治療とはどういうもの?

矯正歯科、という言葉を聞いたことがある方はいますか。これは、歯並びの悪さや、噛み合わせの悪さを、矯正装置を使うなどして、本来の美しい歯並びに戻していくことを指すのです。もしも今、自分の歯の歯並びや、噛み合わせの状態について何らかの不満を持っていたり、または、見た目についてとても自信を持てるような歯並びではない、と悩んでいる方は、検討を行うことをお勧めします。


矯正の治療というと、歯を抜いたり、器具を長く装着することで痛みが出たり、また、費用が高い、という点もデメリットとして考える方も多いかと思います。

しかし、最近の治療というものは、なるべく既存の歯を温存していく、という方針のもと治療を行う歯科が多いです。抜歯に関しては、歯科医によって賛否の分かれるところではありますが、できるだけ抜歯をしない方向で治療を行う方が、心理的にも抵抗はないのではないでしょうか。


抜歯の有無、審美的に自分はどうしたいのか、費用面、などなど、自分が考える各条件に合う歯科を探して、そこで治療を受けるとよいでしょう。どの歯科が良いのかわからない、という方は、これを専門に扱っている病院をあたってみるのも1つの方法です。カウンセリングの時点で何か違うな、と思えば、また別の病院に行けばよいのですから、まずは何よりも受診をする、ということが大事なのです。美しい歯並びを得るためにも、積極的に矯正を受けていきましょう。