歯列拡大による矯正治療

ホームへ戻る >  歯周炎の症状をチェック  > 歯列拡大による矯正治療

非抜歯矯正と言って、歯を抜かずに矯正する方法を取るケースがあります。健康な歯をむやみに抜かずに済むメリットがあります。非抜歯矯正の中には、いくつかの手法がありますが、その中の一つに、歯列拡大があります。歯列拡大とは、歯を外側の方に向かって、ちょうど押し出すような移動をする手法を指します。


歯医者では、急速拡大装置と言って、歯を外側に押し出す装置を用意しています。これを押し出したい歯列に合わせます。そうすると真ん中のところに、拡大ねじがありねじを動かすことで、歯を外側に押し出せるわけです。ちなみに、歯に直接急速拡大装置をくっつける形になりますので、自分で取り出すことはできません。もしも痛みがひどいのであれば、歯列拡大を行っているクリニックに行って、ねじの微調整をお願いしましょう。

しばらく装置を装着した状態で、歯列が外に押し出されるのを待ちます。そして十分に歯を横方向に押し出すことができれば、歯並びの矯正をしていきます。歯列拡大をすることによって、でこぼこになっている歯並びを調整できるだけのスペースを確保できます。他にも出っ歯の状態であれば、後ろに下げるだけのスペースも確保できます。


拡大装置ですが、患者自身で取り外しが可能な種類もあります。この場合、必要な時だけ装着をする形になります。歯にかかる負担を軽減できる半面、歯を移動させるのに時間がかかってしまいます。その結果、非抜歯矯正の治療期間が通常よりもかかってしまうことを認識しないといけません。