想定外の住宅工事費用

ホームへ戻る > 想定外の住宅工事費用

注文住宅の建設時のミスをなくすために
ローコスト注文住宅を立てる前に
注文住宅の諸経費の例
注文住宅建設時の思いがけないコスト
一戸建て購入に使えるローン

ローコストな注文住宅の建築の費用には、本体工事費と別途工事費、諸経費の3つの要素があります。中には想定外の工事費がかかるケースもあります。同じ土地での建て替えの場合ならともかく、新たに土地の購入をして新築する場合には、必ず地盤調査を行いましょう。簡易タイプで7万円以内、載荷試験であれば20万円ほどでできます。


湿気があったり水はけが良くないなどのケースを回避するためです。注文住宅をローコストに行う際には、敷地の途中に立っている電柱を移設をしてもらうケースもあります。出窓の真ん中や勝手口や玄関の近くにあるようなら、電力会社に連絡することで可能です。

1本あたり10万円から15万円ほどかかるようです。そして給排水工事に関してですが、蛇口の数を一軒あたり7つとした場合、多くの一般住宅の口径は13ミリのものとなっています。昨今の水回りは数が増えてしまうことから、不足することも考慮したいところです。20ミリの口径にすることで対処する場合、水道負担金の差額を後から支払うことになるでしょう。


他にも注文住宅をローコストに実現する場合、隣の家との境界をきちんとしておく必要があります。もし曖昧であれば併せて工事をしておきたいところです。大抵の場合、追加や変更の工事は工務店や設計者と相談しながら行っていくので、その都度納得しながら進めていけます。それでも想定外のことや図面になかった出来事も発生することもあるでしょう。そうならないように、工事の着工時前に調査して予算内で収められるようにすることが大切です。