注文住宅の建設時のミスをなくすために

ホームへ戻る >  想定外の住宅工事費用  > 注文住宅の建設時のミスをなくすために

注文住宅の建築の際には、当初の予定とは違ったコストがかかってしまうことも多々あるようです。例えば、ローコストで購入した土地の地盤調査のデータが良くなかったことから、地質改良の工事を行うケースもあるようです。そして、登記費用のことを忘れていた事例もあるようです。駐車場の前の歩道部分の切り下げを頼んだら、工事許可が必要だったこととそのための費用がかかってしまうこともあります。


予想していなかった負担金や加入金などの出費が重なる可能性もあります。注文住宅をローコストに実現するために、トイレや洗面所の内装の小さなサンプル写真を見て選んだクロスが、実際に貼られてみるとイメージとの乖離があったために再度貼り直したといったこともあるようです。

そして、引越し業者の相見積もりを取らなかったために、後からよりリーズナブルにできる業者があったことに気づくケースもあります。


ローコストな注文住宅の建築のためには、契約内容をきちんと確認することが必要です。工事金額は他社と見積もりの総額だけの比較だけでなく、内容の確認が大切です。そして本体工事と別途工事と諸費用をきちんと分けて考慮しておきましょう。あらかじめ別途工事の金額を算出しておくことも必要です。


工事中の追加や変更に対しては、必ずその都度確認してから工事を進めるようにしましょう。それから諸費用には引越しから仮住まいに支払う金額まで含めて考慮しておくようにしましょう。カーテンや家具や植木などの予算も計上しておくと良いでしょう。