賃貸の希望家賃の設定

ホームへ戻る >  一戸建て購入の時期の決め方  > 賃貸の希望家賃の設定

賃貸を選ぶとき、見る前にある程度決めておいたほうが良いのが、希望する家賃です。まずは希望するエリアの賃貸物件をあちこち見てみるのもひとつの方法ですが、もしも決められた予算があってその条件を超えたくないなら、まずは家賃をしっかりと設定して、それに見合ったエリアや物件を選んでいく手順のほうがスムーズに進むからです。一般的に、適正な家賃の目安は、月収の15%~20%と言われます。これを超えると、家計における家賃負担が大きくなってしまいますので注意しましょう。


希望家賃をしっかりと決めておくことに、どんなメリットがあるのでしょうか?そのひとつが、うっかり予算オーバーしてしまうことを防げること。住環境は毎日の暮らしやすさに直結しますので、やはり良い部屋を見てしまうと、そこに住みたくなるのが人間。

ですので、制限を加えずにあちこち物件を見ていると、つい予算オーバーしてしまう方が多いといいます。


はじめから上限をきっちりと決めておけば、それは防ぐことができますよね。


おすすめは、自分の希望の家賃を設定しておいて、その条件でいくつかのエリアを見てみること。エリアによってもちろん家賃の相場は異なりますし、周辺の条件も変わってきます。


その価格で納得感が得られることもあれば「これだけ払ってもこんな場所なら住みたくない!」なんて思ってしまうこともあるでしょう。予算を重視して賃貸探しをするなら、不動産屋に紹介を頼むときに、はっきりと予算を告げておくことが先決です。