販売水のウォ―ターサーバ―のデメリット

ホームへ戻る >  安い注文住宅  > 販売水のウォ―ターサーバ―のデメリット

販売されている水を購入するのではなくて、宅配してもらえるタイプのウォ―ターサーバーを設置するデメリットはあるのでしょうか。メリットはたくさんありますがそれに対してあまりデメリットはありませんが、しいて言えば、コスト的な面でのデメリットでしょうか。サーバーのレンタル料金は無料で貸してくれるところも増えているので、コストはかからないところが多いですが、水の料金は12リットルのボトルの値段が1500円から2000円くらいになっているのです。


4人家族の一家が1か月の平均して使う本すが4~5本となっていますから、水代だけで6千円から1万円は出費になる計算です。こうしてみるととても高い値段のように思えますが、毎日販売されている水をスーパーなどで購入している人にとっては、1日に数百円使っていることを考えれば逆に節約になることもありますが、これまで一切販売されている水を購入したことがない人で水道水を使っていた人が導入すれば、その分のコストが増えてしまうというデメリットがあります。

ですが、販売されている水のウォーターサーバーを利用する際はコストを支払ってでも便利なメリットがたくさんあるので、この料金の負担は必ずしもすべてがデメリットになるとは限りません。人によってはこの費用を支払ってでも重たい思いをしてまで販売されている水を購入しに行かなくてもよくなるならメリットととらえる人もいるでしょうから、こればっかりは価値観の違いもあります。